女性

失敗しないための正しい健康食品選び|目の疲れには最適サプリを

目の疲れは万病の元

レディー

目を酷使する現代人

今や仕事や日常生活に欠かす事ができないパソコンやスマートホンなどの電子機器。その利便性の高さは言うまでもありませんが、人間の歴史においてこれほど目を酷使する時代はなかったといわれています。そのような時代を反映してか、目が疲れる、目が痛いなどの症状を慢性的に訴える人が最近では増えてきています。電子機器の使用による影響の他にも、近視や遠視、老眼、メガネやコンタクトレンズの度が合っていない時なども目に多大な負担をかけてています。睡眠などで目を休ませてみても目が疲れる、目が痛いなどの症状が改善しない場合は眼精疲労を疑ってみる必要があります。眼精疲労は目の疲れや痛み、かすみ、視力の低下などの他に、イライラやストレスの原因になったり、集中力の低下、睡眠不足、肩こりなどにつながってきます。ひどい時には身体全体へ悪影響を及ぼしてしまうので、日常生活においては目のケアとその対策がとても重要になってきます。

目を労わるための方法

とは言うものの、忙しいに現代生活の中では眼精疲労を感じていてもそのケアや対策をとる人は多くはありません。若い世代ほど自分の健康に過剰な自信があるものです。しかし、今の対策がこれからの目の健康に多大な影響をもってくるので、少しの時間でも目のケアと対策をとっておく事が望ましくなります。具体的な眼精疲労の対策としては、適度に目を休ませる事がまず挙げられます。パソコンやモバイルのディスプレイを見ている時は、1時間の内に10分から15分を目安として目を離して休めましょう。画面に向かう時は部屋の照明は明るすぎず、暗すぎない事。画面を見ていると瞬きを忘れてしまいがちですが、ドライアイになる原因ともなるので、意識して瞬きをして目に潤いを与えてあげましょう。両目を見開いて上下左右に大きく回したり、目のツボと呼ばれる部分をやさしく押してやるのも効果的です。ブルーベリーやブドウ、ナス、ニンジンやウナギなど、アントシアニンやビタミンAなどの物質を含んだ食物やサプリメントを摂る事も眼精疲労に効果があるといわれています。

Copyright© 2015 失敗しないための正しい健康食品選び|目の疲れには最適サプリをAll Rights Reserved.